さすノート - 地球とヒトがずっと続くために

エコな技術紹介や環境問題の本質を見ながら、地球が持続していくために何ができるかを考えていきます

さすノート


チームマイナス6%
みんなで止めよう温暖化!CO2削減のための様々な工夫が紹介
されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ太陽光パソコンは難しい様子

先月号の月間アスキーを読んでいて、

「持ち運べる太陽光パネルをつないで、ノートPCを動かす」

という特集をやってました。


これ、すごい興味がある分野。

技術的にはもう実現できるレベルで、たまたまそういう製品がないだけだ、って

思ってましたが、

以外にも、まだ持ち運べるサイズの太陽光発電では、

ノートPCを3分程度動かすのがせいいっぱいな様子。



くぅー。
スポンサーサイト

太陽光発電で運用!?

電車に乗っていて、一つ良いアイディアを思いつきました。

太陽光発電で発電した電気って東京電力などに売却することが

できますよね?


なので、屋根に太陽光発電をめいっぱいしきつめて、

その売却利益で運用していく、というのはどうでしょう。


つまり、太陽光発電が300万円で購入できるとして、

年間3万円の売却益が得られるならば、1%で運用している

不動産を持っているようなものですよね。



売却ができませんが・・・・。



なので、電車の中で、どれくらいの運用益が得られるのか

携帯で調べてみました。



すると、愛知かどこかで、それを実践している方がいる
そうです。


彼は、なんと自宅などの屋根に、合計14kwもの

太陽電池を設置しており、その売却益は

年間30万円にもなるそうです。


「年5%程度にはなる投資ですね」



おぉ・・!5%!!?


それって思ってたよりも利率がいいですねぇ。


てことはですよ!?


住宅ローンかなんかで、


年利3%で300万を借りて、太陽電池を屋根に設置。
5%で運用できる、ということは・・・・


0円で太陽電池を設置できるばかりか、

利益まで出てしまうのではないでしょうか・・。


これが本当だったら、ローンと組み合わせて、

皆さん0円で太陽電池を手に入れられますが、

どうなんでしょう。


専門家の方に聞いてみたいですねぇ。

太陽電池の話2

「太陽電池は、他の発電方法に比べて機械の寿命が長い」


こんなことを以前書きました。

ちょっと、どれくらい持つのか情報を見つけたので書きます。


どうやら、太陽電池のパネルってのは30年以上持つみたいです。


すごい・・。


以前リサイクルのところでも書きましたが、

リサイクルをしようとすると、どうしても

エネルギーがかかるのです。


なので、その対策としては、長持ちするものを使うようにする

ていうのがありますね。


太陽電池は30年も持つということなので、まさに

サスティナブルアイテムという感じです。


もともと人工衛星用や、無人の灯台用に開発されたことも

あって、耐用年数とか、耐久性にはとても優れている

んだそうです。


40年前に設置された、どこかの灯台の太陽電池は

いまだに正常に動いているそうですよ。



ちなみに、太陽光発電は、太陽電池だけではだめで、

電気を使える形に変換するための装置

『パワーコンディショナー』が必要です。


こっちは、15年くらいでダメになっちゃうみたいなので、

1度交換が必要ですね。



もし、今サス太(25)が太陽電池の家をたてたとしても、

40歳で、パワーコンディショナーを交換して、

55歳でようやく太陽電池が壊れ始めるかどうか。


うーん

超寿命ってイイですなぁー。

太陽光発電

太陽光発電について書きます。

まぁ、日本の家にはずいぶん普及していますので、
ほとんどの方が、屋根にのっている、黒光りした太陽光発電装置
見たことがあるんじゃないかな、と思います。

日の光があたると電子が動く、という仕組みを利用した
発電方法なのですが、細かい仕組みについては省略
しちゃいます。

地球上に降り注ぐ太陽の光のエネルギーは、1日分だけでも、
全人類が1年に使うエネルギーをはるかにしのぐ量なんです。

予想以上にものすごい量ですね。


もちろん、すべてのエネルギーを電気にすることは技術的に
できていません。


京セラ、シャープ、三洋などの日本のメーカーは世界でも最高レベルの
太陽電池を開発しているといわれていますが、それでも、光のエネルギーの15%程度をようやく電気に変換できる程度なのです。


とはいえ、太陽光は上述のように、ものすごいですから
十分に家の電力をまかなえる可能性があると思います。

他にもメリットがあります。
太陽電池は、他の発電方法と違って、モーターを回して発電
しません。

機械が動かないで発電できる、ということは、かなり長持ちする
ということなんですね。


サス太は自分のマイホームを持っていませんが、
自然エネルギー大好きなので、いつか設置したいです。


さて、このブログを見てくださっている方は
自分も設置したい!という方が多いに決まっていますから(強引)

どうすれば太陽光だけで生活の電気をまかなうことができるか考えて見ます。

一般的な家では、年間に3500KW/hという量の電気を
消費するようです。

屋根に太陽電池パネルをズラーっと並べると、おそらく
畳10条分くらいの広さを並べて、3500Kw/hの
発電ができるかと思います。

金額は工事費を含めて300万円近くなったのではないかと
記憶しています。

私はかつて、この計算をしたことがあり、ワクワクしながら

「300万あれば、もう電線に家をつながなくてもよい
 エネルギー自由な家ができるのだな!?」

と考えたことがあります。

いまだに考えるとワクワクするテーマです。


でも、調べていて実は、これだけじゃダメなんだ
というのを知りました。ガックシ


続きはまた次回書きます


↓応援よろしくお願いします!↓


サス太

 | HOME | 

環境問題を解決して、サスティナブル(持続型)社会の実現のために どんな技術があるのか、どんな仕組みがあるのか紹介していきます。環境に関心がある方の行動の参考になれば幸いです。 コメント・トラックバック大歓迎。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

更新の励みになります!ブログランキング
上位の方たちはさすが詳しいですねぇ・・

プロフィール

サス太

20代後半。職業はWEB制作をやっています。大学生の時に、環境系の会社に面接に行ったことがキッカケで、環境のことに興味がわき始めました。趣味:読書、ギター、妄想&メモ。よろしくおねがいしますm(_ _)m

さすノートでは相互リンクを歓迎してます。くわしくは こちらをご覧ください。 相互リンク集
ブログ王
年代別ブログ図鑑
ブログ検索☆BITZ

ブログランキングranQ
ブログランキングくつろぐ
ブログランキング
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
みんなで小さなエコを集めるサイトNieco

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。