さすノート - 地球とヒトがずっと続くために

エコな技術紹介や環境問題の本質を見ながら、地球が持続していくために何ができるかを考えていきます

さすノート


チームマイナス6%
みんなで止めよう温暖化!CO2削減のための様々な工夫が紹介
されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サスティナブルには蓄電の技術が大事

そのまんま東知事が大人気みたいですね。私は数年前までは、「タレントが政治ってナシだよなぁ」なんて思っていたのですが、民主主義というのはいろんな思想やいろんなライフスタイルの人々を代表した
政治家達で議論されるべきですから、堅物(言葉が悪くてすみません)の人たちだけでなく、いろいろな人間が政治に関わるべきだな、と思うようになりました。

「東知事がんばれー」

さて、太陽光発電について書いた前回の記事

3500KW/hの太陽電池を屋根に乗せただけでは自然エネルギーだけで暮らせることにはならないことを知りました・・・。
と書いたのですが、それは電気は作ったそばから使わないといけないからです。

太陽電池は昼間、太陽がギンギンに輝いてる時にはがんばって電気を生み出し続けますが、生み出された電気はどんどん家に流れていきます。

そこで使い道がなければ、電気はそのまま消えてしまいます。

昼間にじゃんじゃん電気を使う家庭ならば良いですが、普通は電気を使うのは夜が多いですよね?

その夜には今度は太陽がでていないので電気を生み出しません。

なんともジレンマな話。

そのための解決法として、昼間には太陽電池で作って余った電気を電力会社に売って、夜には逆に電力会社から電気を普通に買うことで帳尻を合わせる、というやりかたがあります。


昼間売ったお金を使って夜の分の電気を買えば、うまくいけば電気代0の家ができちゃいます。

それはそれですばらしいコンセプトですが、サス太は、それは根本的な解決ではないように思います。

夜は火力発電で発電した電気を使っているわけですから。

最終的には、昼間たくさん作った電気を貯めておいて、夜はその電気でまかなう。

という形になって、ようやく家庭のエネルギーが持続型になったーー。といえるのではないでしょうか。

蓄電(電気を貯めておくこと)の技術が発達することがサスティナブルにはかかせないですね。


現在ある蓄電の技術についてはまた次回に・・。

↓応援よろしくお願いします!↓

エコということで緑のボタン・・。
サス太
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://susnote.blog90.fc2.com/tb.php/9-d7042c75

 | HOME | 

環境問題を解決して、サスティナブル(持続型)社会の実現のために どんな技術があるのか、どんな仕組みがあるのか紹介していきます。環境に関心がある方の行動の参考になれば幸いです。 コメント・トラックバック大歓迎。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

更新の励みになります!ブログランキング
上位の方たちはさすが詳しいですねぇ・・

プロフィール

サス太

20代後半。職業はWEB制作をやっています。大学生の時に、環境系の会社に面接に行ったことがキッカケで、環境のことに興味がわき始めました。趣味:読書、ギター、妄想&メモ。よろしくおねがいしますm(_ _)m

さすノートでは相互リンクを歓迎してます。くわしくは こちらをご覧ください。 相互リンク集
ブログ王
年代別ブログ図鑑
ブログ検索☆BITZ

ブログランキングranQ
ブログランキングくつろぐ
ブログランキング
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
みんなで小さなエコを集めるサイトNieco

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。